スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可愛い子達


この子達!家の子でないんだけど~~~
ちゃん付けなし!呼びつけです。

天使になってしまったみかんと、今はシニアのくるみ
15年前の懐かしい画像。



mikakuru.jpg


う~んと親しくなってくると、
友達のワンコが親戚の子のような感覚になってしまい
いつの間にやら呼びつけしてるし、されているし(笑)

うちの子も、友人に懐いて膝の上に乗って当然のごとく
誰がうちの子状態です。



この4ヶ月の間に友人知人の愛犬が3頭天使になって、
生死の彷徨いから復活した子や
現在頑張っている子がいます。

一緒に生きてきた分だけ
今を大事にしたい。
 
少しでも痛みが取れます様に。
祈ってます。





スポンサーサイト

本物デイジー

羊毛さんばかりで(;^_^A
本物のデイジーはこの子ですぅ??

cats-deijy4.jpg


花梨のママ犬

我家のトイプードル花梨は、今年の12月で12歳になります。

この子と出会えたのも、花梨のママが産んできてくれたから・・・・

ママの名前はデイジー


先日デイジーは虹の橋を渡りました。
一年前に膀胱がんが見つかり、いつかお別れは予想していましたが
食欲もあり、ほとんど病人と思えないほど普通の暮らしをしていたから
このまま病魔は寿命がつきるまでと思えるほどだった為
悲報を聞いたときに信じられず、号泣してしまいました。

本当にいっつも笑顔で出迎えてくれて、本当に優しい子でした。

cats-deijy1.jpg


花に例えると タンポポみたい 
お目目もクリクリでいつも笑っていたね。

食いしん坊だったから、ちょっぴりムッチリ
抱き心地は最高?
もう抱きしめる事が出来ないと思うと、涙が出てくる。

本当に今までありがとう。

cats-deijy2.jpg


以前にデイジーをお座りポーズで作ったのですが
手足を動かしたくて、あらたに体を作り変えました。
伏せやお手や4つ足で立つことが出来るタイプ?♪

だから前足組み合わせたり、ウィッシュ?(笑)も出来ますYO??


デイジーはやっぱり花よりだんご!!
ケーキに例えると、ホールのイチゴケーキ!
あくまでも、私のイメージです。



cats-deijy3.jpg

ミニーちゃん

12日。小夜のひいおばあちゃんのミニーちゃんが亡くなりました。
この間15歳の誕生日を迎え、約1ヶ月前から寝たきりになってしまったけど
コデママさんの献身的な介護で、日替わりメニューを食べ
ちょっぴり太ったと聞いていただけに・・・・
コデママさんのブログを見に行き、あまりの突然の悲報に私は唖然。
正直いって何も言葉になりませんでした。

ただただ、ブログを何度も見ているところに、コデママさんからの電話。
コデママさんの声を聞くなり、私の方が動揺してしまい涙声でした。

あの子は、本当におおらかで皆から慕われるよき母でありボスでした。
コデママからしても、頼れる存在。
20数頭のプー達に信頼されるってスゴイね。
人間でも中々居ないわ。尊敬してます。
人懐こくて、遊びに行くといつも挨拶してくれたね。
ミニーちゃんがいたから、我家の小夜もここに存在するのよね。
ミニーちゃんありがとう。15年間お疲れ様でした。

みなから信頼を得るようになるとは思わなかったって言うくらい
ミニーちゃんの幼少時代は、小夜と同じくらい?活発な子でして
私がミニーちゃんと初めて会ったときは10年前だから・・・・
想像つかないわ。

さやの行動をみると、コデママいわくミニーちゃんに似てるって話です。
いつか、さやもミニーちゃん目指してボスになれるかな?
多分、らん丸が居る限り無理ですが・・・・
我家のミニーちゃんみたいな子はらん丸。皆に愛情をかけ、お世話しています。
その影に隠れてやりたい放題のさやは、外では超内弁慶。
末っ子気質で、お姉ちゃんが居ると大丈夫でも、ひとりでは何も出来ないタイプ!
でも、いつかミニーちゃんみたいになれると信じて、楽しんで過ごしていきます。
小夜はこのままでも、可愛いから(親ばか丸出し)
まっ!いいか!と甘あま?な私です(;^_^A


コデママさんとは、花梨が来てからのお付き合いだからもう10年過ぎました。
この10年で色んなことがありましたが、
ワンが結び付けてくれた縁を大事にしていきたいと思っています。

私たちは、ワンをお世話しているようでいて、反対に心のケアをしてもらっている。
この子達が居てくれたから、辛い事も乗り切れた。癒されてます。
ほんとうにありがとう。

ミニーちゃんのご冥福をお心からお祈りいたします。


12月23日

悲しいです。友達のプードル菜々ちゃんが虹の橋を渡りました。
ほんの数日前、体調を崩したが復活したと聞いていたので、
今朝、メールでの悲しい知らせは、驚きと信じられないという気持ちでした。

電話して、友達の所に行き、亡くなった菜々ちゃんにお別れをしてきました。

菜々ちゃんは、後3ヶ月で、6歳のお誕生日を迎えるはずだった。
2キロちょっとの小さく、可愛い子で、私にとっても特別な存在でした。
我が家の花梨に子供を生んで欲しいと願っていたのですが、
色々な事を考えて悩みやめました。
もし、花梨の子供が生まれていたら、この友達の子になるはずでした。

我が家は花梨が4歳になってから、若奈を妹分?子供の代わりに
九州のブリーダーさんから譲って頂きました。
菜々ちゃんは若奈と同じ出身だけど、体系も顔も違う。
若奈はシルバーで菜々ちゃんはブラックだし、血統もちがうしね?!

花梨、若奈、菜々ちゃん皆それぞれ違うお顔だが、
私の好きなのタイプなのです。
ブラックの女の子を希望というだけで、子犬の写真を頂いていなかったので、
もし菜々ちゃんの家族が、子犬を気に入ってくれなかったら
うちの子にしても良いなぁ?と密かに思っていたんです。

菜々ちゃんの病気がわかったのは1年半前、4歳過ぎた時で
自分で体のホルモンを作れないから、薬がないと生きていけない。
何度か生死の境を彷徨いながら
ずっと家族とともに病気と戦ってきた。
ひとえに菜々ちゃんが頑張ってこれたのは、
家族の愛情だったと思う。

菜々ちゃん本当に今までよく頑張ったね。

菜々ちゃんが生まれ変わったとしたら、
同じお家の子になりたいって言うわ。
それほど、愛情いっぱいに育った菜々お嬢さんでした。

今までありがとう。

200612111415000-nana.jpg

200804271203000-nana.jpg

プロフィール

karinmama

Author:karinmama
5ワンのママとなり、にぎやかな毎日を過ごしています。
うちの子1番?!って思っている飼い主(親ばか)です。
趣味で始めたワン作品がきっかけで、オーナー&ペットグッズ関連の仕事をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

.
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。